白い水垢のお掃除方法

白い水垢のお掃除方法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

白い水垢のお掃除方法

AdobeStock_97529422

蛇口などの金属部分や、シャワーヘッド、鏡などについている白い水垢は、浴室用洗剤で掃除をしても落ちないことが多いのですが、そのままにしておくとより落としにくくなってしまいます。 諦めずにしっかり落としましょう。






 

蛇口などの金属部分についている軽い水垢には水垢取ダスターがおすすめ

 

水垢は水道水に含まれているカルシウムが金属部などに附着してできるものですが、ついてすぐであれば、落としやすい汚れです。 水垢取ダスターやメラミンスポンジに水をつけてこするだけで落とすことができます。 水垢取りダスターは、曲線部にも使いやすいので蛇口の裏側などの水垢もきれいに撮ることができて非常に便利です。 メラミンスポンジは浴槽や鏡に使うと、傷をつけてしまう恐れがありますので、水栓や蛇口などの金属部分にだけ使ってください。




 

鏡やシャワーヘッドについた頑固な水垢にはクエン酸や水垢除去剤

 

水をつけてこすっただけではとれない頑固な水垢にはクエン酸を使いましょう。 水で薄めたクエン酸を水垢の付いた部分にスプレーしてしばらく放置した後、こすり洗いして水で洗い流します。 シャワーヘッドにこびりついた水垢などは、大さじ2杯程度のクエン酸を1リットルの水で溶かした液に一晩浸け置きした後にこすり洗いしましょう。 鏡は浸け置きができないので、クエン酸を溶かした水を水に溶けない不織布タイプのキッチンペーパーに浸して鏡に張り付けるか、クエン酸を溶かした水をスプレーしてからラップを張り付けて、数時間放置した後こすり洗いします。 クエン酸での水垢取りは、錆びる恐れがあるので蛇口などの金属部分には用いないようにしましょう。 クエン酸以外には、浴室の水垢除去専用の薬剤もあります。

 

研磨剤、歯磨き粉、ダイヤモンドパッドはできれば避けたい方法です

 

水垢取りダスターでも、クエン酸でも取れない水垢には、最終的な油断として研磨剤、歯磨き粉、ダイヤモンドパッドなどがありますが、どれも強力な研磨作用によって水垢を落とす方法です。 陶器製の洗面ボールやステンレスのシンクなどの水垢取りには歯磨き粉や研磨剤は非常に効果がありますが、浴槽に使うと浴槽に目に見えない細かな傷が付き、浴槽を傷めてしまいその部分に黒カビが発生してしまったりする恐れがあります。 汚れがひどく、交換しようと考えている鏡などに最後の手段として試してみるような場合以外は、お勧めできません。




 

浴室内の水垢は、水垢が発生している部分によってお掃除の方法が異なります。蛇口などの金属部分には水垢取りダスターやメラミンスポンジ、鏡にはクエン酸、浴槽にはクエン酸や水垢除去剤を使いましょう。

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る