シャワーヘッドのお掃除方法

シャワーヘッドのお掃除方法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

排水口のお掃除方法

adobestock_91171853

シャワーヘッドは汚れが溜まっていても以外に気が付きにくいものです。
汚れが溜まると水の出が悪くなってしまいますし、黒ずんだ汚れが付いてしまうことがあります。
定期的にシャワーヘッドのお掃除をして、清潔なバスタイムを楽しみましょう。






 

シャワーヘッドの軽い目詰まりには酢を使ったお掃除が手軽です

 

シャワーヘッドの目詰まりは水道水に含まれるミネラル分の結晶が原因です シャワーヘッドについた水道水の中に含まれているミネラル分が溜まっていくと、固まって水垢になり、目詰まりを起こしてしまい、水の出が悪くなったり、横に水が飛んでしまったりといった現象が起きてしまいます。 そのような状態になってしまったら、洗面器に酢1:水6の割合の酢水を作りシャワーヘッドを汚れの度合いに応じて1~3時間浸けた後、歯ブラシやスポンジに重曹をつけてこすり洗いをし、最後に水で洗い流すと、きれいになります。 シャワーヘッドの散水板が取り外せるタイプであれば、取り外して浸け置きをするとより効果的です。




 

ひどい汚れには熱湯とクエン酸をつかいます

 

酢と重層で掃除をしてもきれいにならなかった場合は、クエン酸と熱湯を使って掃除をしましょう。 1リットルの熱湯にクエン酸100CCと重層大さじ2杯を入れ、シャワーヘッドを浸けます。 シャワーヘッドの散水板が取り外せるタイプであれば、取り外して浸け置きをするとより効果的です。 汚れの度合いに応じて半日から1日浸け置きした後、重曹をつけた歯ブラシやスポンジでこすり洗いし、水で洗い流します。




 

浸け置きをしてもとれない汚れには、サランラップとキッチンペーパーでパックします

 

少量の水で溶いたクエン酸を浸した不織布タイプのキッチンペーパーでシャワーヘッドをくるみ、さらにラップで包みます。 汚れの度合いに応じて半日から1日放置した後、重曹をつけた歯ブラシやスポンジでこすり洗いし、水で洗い流します。 シャワーヘッドを清潔に保つ為には、入浴後には浴室の換気をすること、浴室の壁やシャワーヘッド、シャワーホースなどの水分をタオルでぬぐい取っておくことなど、湿度を低くしておくことが大切です。 そして目詰まりを起こさないよう、定期的にシャワーヘッドの掃除をしましょう。




 

水道水に含まれるミネラル分の結晶でシャワーヘッドに汚れが溜まり、目詰まりを起こしてしまった場合には、軽い汚れであれば水に溶いた酢、ひどい汚れの場合は熱湯とクエン酸に浸け置きし、それらの方法でも取れない場合には、濃い目のクエン酸液でパックをした後、重曹をつけたスポンジや歯ブラシでこすり洗いし、水で洗い流します。

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る