浴室設備の修理方法 その1蛇口から水が止まらない、水漏れが起きている場合

浴室設備の修理方法 その1蛇口から水が止まらない、水漏れが起きている場合

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

浴室設備の修理方法 その1蛇口から水が止まらない、水漏れが起きている場合

Wasserhahn

浴室の水道の蛇口から水がポタポタ垂れている場合は、蛇口からの水が止まらなくなっている場合と、水栓の接続部分から水漏れをしている場合があります。 水漏れをおこしている場所を確認して、部品交換をしましょう。







 

量水器のメーターがいつもより上がっていたら水漏れしている可能性があります

 

気が付かないうちに水漏れをしていることがあります。 水道メーターの量水器を見て、いつもより上がっているようであれば、無図漏れしている個所を探し出しましょう。




 

接続部からの水漏れにはパッキン交換が必要です。

 

ハンドルを閉めても蛇口から水が止まらない場合は、水栓の中にあるケレップのゴムパッキンが劣化して硬くなり、しっかりとハンドルが閉まらなくなっているという状態が考えられますので、ハンドルの下のカバーナットを緩めてハンドルを取り外し、内部にあるケレップを取り出してゴムパッキンを交換します。 ハンドルの下にあるナットから水が漏れている場合には、ハンドルのビスを外してハンドルを外してからカバーナットを緩めて外し、水栓ハンドルの中のゴムパッキンを交換します。 水栓とパイプの接続部分から水漏れをしている場合には、接続部のナットを緩めてパイプを取り外し、接続部につけられているゴムパッキンを交換します。




 

水の勢いがなくなった場合には、ストレーナに詰まったゴミを取り除きましょう

 

水道の蛇口には、水はねを防ぐ為に吐水口キャップ、水栓の内部には主要部分にゴミが入らないようにする為のストレーナがつけられているのですが、この吐水口キャップやストレーナにゴミが溜まると、水の出が悪くなってしまいます。 水の勢いがなくなった場合には、吐水口キャップやストレーナを掃除しましょう。 ストレーナの位置は水栓のタイプやメーカーによって異なりますので、取扱説明書を参考にしてストレーナを取り外し、歯ブラシや綿棒を使ってゴミを取り除き、水洗いします。




 

まとめ

 

水道の蛇口から水漏れをしている場合、水栓の接続部分から水漏れをしているケースと、ハンドルのしまりが悪くなっているケースがあります。水漏れを起こしている個所を特定して、水漏れしている個所のゴムパッキンを交換しましょう。また、水の勢いが悪くなっている場合は、吐水口キャップやストレーナにゴミが溜まっている可能性がありますので、吐水口キャップやストレーナを取り外して水洗いし、ゴミを取り除きましょう。

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る