浴室設備の修理方法 その6排水栓チェーンが切れてしまったら

浴室設備の修理方法 その6排水栓チェーンが切れてしまったら

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

浴室設備の修理方法 その6排水栓チェーンが切れてしまったら

Sink and plug, vertical black and white image

浴槽の排水栓のチェーンが切れてしまった場合には、チェーンを交換しなくてはなりませんが、その際にチェーンと浴槽を接続しているヒートンのタイプによって交換の方法が異なりますので、まずご自宅のヒートンのタイプを確認しましょう。
また、チェーンや排水ゴム栓の交換はご家庭することができますが、ヒートンの交換はヒートンを浴槽から外さなくてはならない為、水漏れする恐れがありますので、専門の業者に修理、交換を依頼する必要があります。








 

交換に必要な金属製ボールチェーンやゴム栓はホームセンターで購入できます

 

チェーンが切れただけで、ゴム栓はまだ使える状態であればボールチェーンだけ、ゴム栓もそろそろ劣化しているから交換するという場合には、ゴム栓付きの金属製ボールチェーンを購入します。 ボールチェーンだけ購入する場合は、必要な長さのボールチェーンを選ぶだけですが、ゴム付きのボールチェーンを購入する場合は、排水口のサイズに合わせて購入する必要がありますので、ホームセンターに行く際に外したゴム栓を持って行きましょう。




 

排水栓チェーンの交換手順…マイナスドライバーを用意しておきましょう

 

ヒートンにはネジ式とリング式があり、交換手順が少し異なります。 ネジ式のヒートンには横にネジが付いている横ネジ式、下にネジが付いている下ネジ式、正面にネジが付いている正面ネジ式があり、それぞれにカバーが付いているタイプもあります。 ネジ式のヒートンは、ヒートンリングという部分にボールチェーンがつけられているので、カバーとネジを外して切れたボールチェーンをヒートンから、マイナスドライバーを使ってリングを開いて切れたボールチェーンをゴム栓から取り外し、新しいボールチェーンを取り付けます。 リング状のヒートンの場合は、リング部分にボールチェーンがつけられているので、ドライバーを使って皿ネジを緩めて外し、リングの中のボールを取り外してヒートンから取り外し、ゴム栓からはゴム栓とボールチェーンを接続しているリングを開いて取り外します。 新しいボールチェーンをつけた後、ヒートンのネジを締めて完了です。




 

まとめ

 

排水栓のチェーンが切れてしまった場合は、ホームセンターで排水専用の金属製ボールチェーンを購入して交換できます。ゴム栓も一緒に交換する場合は、ゴム栓付きの金属製ボールチェーンがありますので、現在使用しているゴム栓と同じサイズのものを購入しましょう。

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る