お風呂の臭いが気になる時の対処法

お風呂の臭いが気になる時の対処法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

お風呂の臭いが気になる時の対処法

Dollarphotoclub_73384131

入浴は1日の疲れを取り、心も体もリラックスさせるゆったりした時間ですが、もしお風呂に嫌な臭いが充満していたら、入浴を楽しむことができなくなってしまいます。
気持ちの良い入浴の為に、お風呂の臭いの原因を探し出して解決しましょう。

お風呂の臭いの原因は排水口に溜まった石鹸カス、雑菌、カビ

お風呂の排水口には髪の毛、皮脂、石鹸やシャンプーなどが流れ込み、雑菌やカビが増殖しやすい状態になっています。
毎回入浴後にお風呂の排水口のついているヘアキャッチャーに溜まった髪の毛などを取り除いて軽くすすいでおけば、排水口から臭いがするほど汚れることはないのですが、例えば4人家族で1週間程度排水口のごみを取らなかった場合には、相当汚れが溜まってしまいます。
また、排水口の下には、下水からに臭いが浴室内に上がってくることを防ぐ為に常に水が溜まっている排水トラップがあります。
排水口の掃除をまめにしていれば排水トラップに溜まっている水はきれいなのですが、排水口が汚れていると、排水トラップの水も汚れ、ヌメリやカビが発生してしまい、臭いが発生します。
お風呂の臭いが気になる時には、まず排水口の掃除をしましょう。
また、ユニットバスによってはエプロンが付いているタイプの浴槽があります。
このタイプの様相が付いている場合、シャワーや水栓の下も取り外せるようになっていますが、エプロンの内部や水栓の下の台の中にカビが発生していることがあり、これも悪臭の原因の一つです。
エプロン付きの浴槽の場合には、メーカーの取り扱い説明書に従ってエプロンや水栓の代の下のカバーを外し、内部の掃除をしましょう。

臭いの発生を防ぐには重曹と酢を使った掃除することと、入浴後には冷水のシャワーを良く室内にかけることが効果的です

排水口、浴槽、床、壁、天井には全て皮脂や石鹸カスが飛び散っていますので、全ての面の掃除をします。
始めに重曹をつけたスポンジでこすり洗いをした後、シャワーで洗い流し、次に酢をつけたスポンジでこすり洗いした後、同じようにシャワーの水で洗い流します。
排水口には、重曹をふりかけた後、酢を流しいれ、30分ほどお放置してから水で洗い流すと嫌な臭いを解消することができます。
酢と重層は、市販の浴室用カビ取り剤のような刺激が無いので、小さいお子様やペットのいるご家庭でも安心して使えます。
また、毎日の入浴後には、熱いシャワーで浴室内を洗い流した後冷水をかけ、壁やシャワーヘッドなどの水滴をタオルでふき取ったり、スクイージーで落としたりしておくと、臭いやカビの発生を防ぎ、清潔で気持ち良い浴室を維持することができます。

お風呂の臭いの原因には、排水口の汚れ、壁や床面にこびりついた目に見えない汚れ、エプロンが付いたタイプの浴槽の場合はエプロン内のカビなどがあります。重曹と酢を使って掃除をすると、カビや臭いを解消、さらに予防することができます。

 

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る