スパウトから水漏れ・交換方法

スパウトから水漏れ・交換方法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

スパウトから水漏れ・交換方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浴室での水漏れには、水栓、シャワー、排水栓などからの水漏れがあり、水栓からの水漏れの中にはスパウトからの水漏れもあります。
水漏れをしている個所を特定して、水漏れを解消しましょう。

スパウトとは?

スパウトとはあまり聞きなれない言葉ですが、日常生活の中で毎日目にしている水栓の本体と吐水口の間を繋いでいて、左右に可動域のある細長い管の部分のことです。
スパウトの水漏れには、本体との接続部分からの水漏れ以外に、水栓のハンドル部分からの水漏れが伝わってきているケースや、水栓と台、水栓と壁との接続部分からの水漏れが伝わってきているケースがあります。

スパウトの接続部分からの水漏れは、バルブ、ナット、パッキンなどが故障の原因です

レバーハンドルのスパウトからの水漏れは、ナットが緩んでいるだけということも考えられますので、始めにレバーハンドルを取り外してナットを締め直してみます。
ナットを締めてもレバーとスパウトとの接続部分から水漏れをしている場合は、パッキンがねじれたり、損傷したりしている可能性があります。
パッキンが良好な状態ではなかった場合には、新しいパッキンと交換しましょう。
パッキンを交換しても水漏れが解消しない場合は、バルブが故障していることが考えられますので、バルブを新しいバルブに交換します。
2ハンドル混合栓のスパウトからの水漏れは、吐水口からの水漏れであればハンドルを取り外してカバーナットとスピンドルを外してハンドル内部のケレップを交換、ハンドル下のナットからであれば、ハンドルとカバーナットを取外し水栓ハンドル内のパッキンを交換、本体とスパウトの接続部からであれば、パイプナットとパイプを取り外し、自在パイプ取り付けパッキンを交換、クランクと本体の接続部からの水漏れであれば、クランクから水栓を取り外し、クランク用パッキンを交換します。

ハンドルやレバーが固く操作しにくい場合は蛇口用シリコングリスで解決する場合もあります

シングルレバー混合水栓であればレバー、サーモスタット混同水栓であれば開閉側のハンドル、2ハンドル混合水栓であればハンドルが固く操作しにくい場合には、グリスが切れているケースとバルブの故障しているケースが考えられます。
グリスが切れている場合は、ハンドルを外して蛇口用シリコングリスをパッキンに塗り、バルブが故障している場合はバルブを交換します。
蛇口用シリコングリスは粘着性が高いので、ホコリや糸くずが付きやすく、ホコリや糸くずが付いてしまうと却って状態が悪化してしまいますので注意深く行いましょう。

水栓から長く出ている部分をスパウトといいますが、このスパウトから水漏れをおこしている場合は、パッキンやバルブが劣化したり故障したりしているという原因が考えられますので、スパウトと本体の接続部のどの部分から水漏れしているかを特定し、ナットを締めても水漏れが解消しない場合は、バルブやパッキンを交換しましょう。

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る