シングルレバー水栓を修理する方法と交換方法

シングルレバー水栓を修理する方法と交換方法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

シングルレバー水栓を修理する方法と交換方法

給水給湯管につながっている、シングルレバー水栓を修理、交換するようになってしまった。業者に頼むと、1万以上かかりますし、出来れば自分で修理したいけど難しそうと思っている方はいませんか?
シングルレバー水栓の修理や交換は、プライヤーとレンチ、ドライバーがあれば誰でも簡単に出来ます。それでは、シングルレバー推薦の修理や交換はどのように行えばいいのでしょうか?




 

シングルレバー水栓の修理方法

 

シングルレバー推薦で一番多いのが、水が止まらないや出なくなることです。修理はまず、止水栓か、水道の元栓を閉めて行いましょう。シングルレバーを上げると、中にネジが見えますので、こちらをドライバーで外すとレバーが取れます。次に、レンチでナットを緩めると、中からバルブが出てきます。バルブ本体の劣化の場合は、バルブを交換し、劣化が無いようでしたらパッキンを交換しましょう。また、接続部、スパウトから水が漏れている場合は、ナットの緩みの可能性が高いので、レンチで締めてみましょう。もし、止まらない場合は、パッキンの劣化なので、一度取り外してパッキンを交換しましょう。

 

シングルレバー水栓の交換の注意点

 

シングルレバー水栓を交換する場合は、壁から伸びている給水給湯管の2つの穴の距離を測りましょう。場合によっては、届かないことや、高低差が付くことがありますので、必ず行ってください。これは、混合栓の場合も同様です。

 

シングルレバー水栓の取り外し方法

 

シングルレバー水栓を取り外す場合は、修理同様まず、止水栓か、元栓を止めましょう。次に、本体についているナットを緩め、本体を外します。本体から壁の中の配管をつないでいたクランク状の配水管を左に回して取り外してください。もし、固着している場合は、布を当ててプライヤーなどで緩めて外してください。混合栓の場合も同様に行ってください。

 

シングルレバー水栓の交換方法

 

シングルレバー水栓を交換する場合は、壁に埋まっている給水給湯管を確認し、錆が浮いているときは、歯ブラシなどを使って錆を落としましょう。次に、クランク状の給水管のねじ込み部分にシールテープを7~8回巻きつけて、座金を押さえながら壁の給水給湯管に右回しで取り付けていきましょう。取り付けましたら、二つのクランク状の給水管の壁からの距離が同じかどうか確認し、同じであれば、本体が平行になるように取り付け、レンチでナットを締めれば完了です。

 

 

シングルレバー水栓の修理をする場合は、まず、止水栓か元栓を閉めましょう。水が出ない、もしくは、止まらない場合は、バルブやパッキンが原因ですので、シングルレバーを上げ、固定されているネジを外し、レンチでナットを外してバルブやパッキンの交換を行いましょう。水漏れの場合は、水漏れ箇所をレンチで閉めましょう。もし、止まらない場合は、パッキンの交換を行いましょう。 交換の場合は、本体についているナットをレンチで緩めましょう。クランク状の給水管を左にまわして外します。この時外れないときは、布を当ててプライヤーで外してください。外しましたら、給水給湯管の錆を歯ブラシで使って落としてください。次に、新しいクランク状の給水管の接合部に、シールテープを7~8回ほど巻きつけて、壁に埋め込まれている給水給湯管に右回しで取り付けていきます。取り付けたら、壁からクランク状の給水管が平行になるように取り付けます。取り付けたら、本体が平衡になるように取り付け、レンチでナットを締めれば交換終了です。

蛇口トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る