蛇口の交換方法とは

蛇口の交換方法とは

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

蛇口の交換方法とは

AdobeStock_34393736

蛇口の交換方法は水栓のタイプによって異なります。
水栓が劣化して水漏れをしたり、水の出が悪くなったりした場合には、水栓のタイプに応じた方法で水栓を交換しましょう。




 

交換に必要な蛇口関連パーツはパッキン、蛇口用シールテープ、新しい水栓です。

 

浴室の蛇口には壁付けワンホールタイプ、壁付けツーホールタイプという2種類の蛇口がありますので、現在使っている蛇口と同じタイプの蛇口と交換します。 壁付けツーホールタイプの場合には、2ハンドルの混合水栓、サーモスタット混合水栓、シングルレバー混合水栓と交換することができます。 どのタイプの交換をする場合にも、止水栓を閉じてから作業を始めましょう。




 

交換の手順…壁付けタイプ・ワンホールタイプの蛇口

 

水栓取り外しレンチを使用して水栓を取り外し、配管内の掃除をします。 配管内のネジ部分に細かいゴミやシールテープの切れ端、錆などが残ったまま交換してしまうと、水漏れを起こしてしまう恐れがあります。 長期間使う為には、配管内をきれいに掃除することがポイントです。 次に新しい水栓の取り付けネジの部分に引っ張りながら右まわしにシールテープを7~8回程度巻きつけ、左右平行になるように注意しながら壁に取り付けます。 壁に取り付ける際にはシールテープがたるまないよう一気に取り付けましょう。




 

交換の手順…壁付けタイプ・ツーホールタイプの蛇口

 

壁から出ているクランクから混合栓を外し、続いてクランクも外し、配管内の掃除をします。 配管内のネジ部分に細かいゴミやシールテープの切れ端、錆などが残ったまま交換してしまうと、水漏れを起こしてしまう恐れがありますので、歯ブラシなどを使って丁寧に掃除しましょう。 次にクランクの座金に引っ張りながら右まわしにシールテープを7~8回程度巻きつけ、左右平行に壁に取り付け、最後に混合水栓を取り付けます。 ツーホールタイプの蛇口の場合、2ハンドルの混合水栓に交換することもできますし、サーモスタット混合水栓やシングルレバー混合水栓と交換することもできます。




 

蛇口には、ツーホールタイプとシングルタイプがありますので、水栓を交換する場合には、ご家庭にあるタイプに応じた水栓とを選び、水栓のタイプに応じた取り付け方法で取り外し、取り付けを行います。ツーホールタイプの場合には、2ハンドルの混合水栓、サーモスタット混合水栓、シングルレバー混合水栓と交換することができます。

蛇口トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る