洗濯機蛇口からの水漏れ!修理の方法は!?

洗濯機蛇口からの水漏れ!修理の方法は!?

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

洗濯機蛇口からの水漏れ!修理の方法は!?

Washing machine with faucet in background

洗濯機蛇口からの水漏れには、蛇口から水漏れと何か所かある接続部分からの水漏れがあります。 どの箇所から水漏れをしているかによって修理の方法が変わりますので、まずどの箇所から水漏れをしているかを特定することが必要です。 また、修理にあたっては作業の前に必ず止水栓、水道の元栓を閉じてから行いましょう。 また、交換する部品は水栓のサイズによって異なりますので、現在お使いの水栓のサイズを確認して適合するサイズの部品を用意しましょう。




 

蛇口から水漏れをしている場合の修理方法

 

接続部分は問題が無いのに壁についている蛇口の吐水口から水漏れを起こしている場合には、水栓の内部に組み込まれているケレップという部品が劣化していることが考えられますので、工具を使ってハンドル下のカバーナットを外し、ハンドルを反時計回りに回して取り外した後、内部にあるケレップをピンセットなどでつまみ出して新しいケレップ、又はケレップの下についているゴムパッキンを新しい製品と交換します。




 

パイプ根元の水漏れが起きている場合の修理方法

 

パイプの根元から水漏れしている場合は、水栓とパイプの接続部分が緩んでいることが考えられます。 まず初めにカバーナットを締め直してみましょう。 それでも水漏れが直らない場合は、内部のパッキンが劣化してナットが締まらなくなっていることが考えられますので、接続部のパッキンを交換する必要があります。 工具を使って水栓とパイプの接続部分のパイプナットを外し、パイプを引き抜いて現在ついている自在パイプ取り付けパッキンと新しい製品を交換します。




 

蛇口取り付け部の水漏れが起きている場合の修理方法

 

水栓と壁の間、蛇口取り付け部から水漏れしている場合は、壁の中に入っている水栓取り付け部分のシールテープが劣化して給水管と取り付け部が密着しなくなってしまったということが考えられますので、シールテープのまき直しが必要です。 水栓取外しレンチを使って水栓を取り外し、配管内の錆びやごみ、シールテープの切れ端などを取り除き、歯ブラシなどを使ってきれいにします。 次に水栓の取り付けネジ部分に引っ張りながら7~8回シールテープを巻きつけ、水栓を配管内に取り付けます。




 

ハンドルからの水漏れが起きている場合の修理方法

 

ハンドルから水が漏れている場合には、ハンドルの中にセットされているパッキンが劣化していることが考えられますので、ビス、ハンドル、カバーナットの順で取り外し、その下に組み込まれているパッキンを新しい製品と交換します。




 

洗濯機蛇口の吐水口、蛇口取り付け部、ハンドルからの水漏れの場合は、それぞれの接続部分の内部にあるパッキンを交換、パイプ根元の水漏れの場合は、水栓の取り付け部分のシールテープを交換することで解決することができます。 水漏れをしている箇所によって修理の方法が変わりますので、水漏れをしている箇所に応じた方法で修理しましょう。

蛇口トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る