ディスポーザーの取り付け・取り外し方法

ディスポーザーの取り付け・取り外し方法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

ディスポーザーの取り付け・取り外し方法

Dollarphotoclub_87799159

ディスポーサーというと聞いたことが無い人が多いと思いますが、シンクの排水栓に付ける生ごみ処理機のことです。通常の生ごみ処理機に比べ場所もとらず、スイッチ一つで、生ごみを粉砕し、後は水で流すだけというお手軽なものです。
アメリカでは、40年ほど前から普及しています。そんな便利なディスポーサーを取り付け・取り外しするには、どのようにしたら良いのでしょうか?




 

事前準備はどうするの?

 

浄水器は、大きく分けて3種類あります。まずはお手軽「ポット型」。ポットに水を入れれば浄水してくれるものです。次は、取り付け簡単「ディスポーサーを取り付ける前に、シンク下の収納棚のサイズを測りましょう。メーカーにより異なりますが、収納棚の内側の高さが41cm以上あることを確認しましょう。また、観音開きの扉でしたら問題ありませんが、今、主流の引き戸だと、ディスポーサーを設置したときに干渉することがありますので、注意してください。また、Sトラップの中に汚れが付いていると取り付け作業後のディスポーサーから出たごみが詰まりやすくなるので、必ず、1~2回ほど、パイプ洗浄を行って置いてください。

 

ディスポーサーの取り付けは?

 

まず、今付いている排水トラップを取り外します。トラップをまわせば簡単に取れます。固着している場合は、軽くたたきながら取りましょう。取りましたら、排水栓の取り外しです。水が溜まっているのでこぼれないようにしてください。排水栓を取り外したら、排水口を良く拭いて乾燥さ、シンクアダプター用ゴムパッキン、シンクフランジ用ゴムパッキン、シンクフランジの順番で取り付けます。次に、下から、ゴムパッキンを入れシンクアダプターを引っ掛けスパナなどで、しっかり取り付けてください。取り付けたシンクアダプターに、マウントリング、クッションマウントの順番で装着し、ディスポーサー本体を取り付けます。ディスポーサー本体は、5kg以上ありますので、取り扱いに注意が必要です。ディスポーサーを取り付けましたら、ディスポーサーの排水管に、Sトラップ、排水ホースを取り付けてください。最後に、ディスポーサースイッチを台所や、壁に取り付けたら終了です。

 

ディスポーサーの取り外しは?

 

ディスポーサーも交換が必要な機械です。取り外しはどのように行えばいいのでしょうか?取り外しを行う際は、取り付けて順の逆から行っていきましょう。この時注意していただきたいのが、ディスポーサー本体を取り外すときです。本体は5kg以上あり重いので、排水パイプから外していくと、シンクの排水口や排水栓の破損につながることがあります。なので、取り外す際は、本体の下に、ジャッキやブロックを置き、本体が落ちないようにしましょう。

 

ディスポーサーの問題は?

 

ディスポーサーを取り付ける上で注意して頂きたいのが、ディスポーサー本体から先のSトラップ~排水管です。油脂などが、Sトラップから排水管の側面に付くと、ディスポーサーから出てきた粉砕されたごみが付着し、詰まる原因になります。排水管は、蛇腹状のものではなく、ストレートのものを使用し、排水口まで出来るだけ勾配をつけて設置するようにしてください。

 

ディスポーサーを取り付ける場合には、排水トラップを取り外し、排水口を良く拭き乾燥させたら、シンクアダプター用ゴムパッキン、シンクフランジ用ゴムパッキン、シンクフランジの順番で取り付けましょう。次に、したから、ゴムパッキンをいれ、シンクアダプターをしっかり取り付けます。次に、シンクアダプターにマウントリングとクッションマウントを順番に取り付け、ディスポーター本体を取り付けましょう。最後に、Sトラップと配水管を取り付ければ終了です。取り外しの場合は、逆の手順で行いましょう。行うときは、本体の重さによる排水口や排水栓が破損しないように、ジャッキなどをつかいましょう。 最後に、取り付け時には、Sトラップ、配水管には蛇腹状のものは使わずに、ストレートタイプのものを使い、出来るだけ勾配をつけて取り付けましょう。

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る