キッチンが詰まってしまった時の対策と修理

キッチンが詰まってしまった時の対策と修理

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

キッチンが詰まってしまった時の対策と修理

Dollarphotoclub_69455578

キッチンの排水口は、野菜クズなどを流さないように注意していても、食物の油と食器用洗剤が混ざってできる石鹸カスによって詰まってしまうことがあります。
そのような時のご家庭でできる対策と修理の方法をご紹介します。

キッチンシンクの詰まり解消(1)

・パイプクリーナー
キッチンシンクの詰まってしまった時には、パイプクリーナーを流し込んで、詰まりを解消する方法があります。
排水口のカバーとトラップの部品を取り外してから、パイプクリーナーを流し入れるのですが、この時に先に熱湯を注いでおくと、汚れが温まって溶けやすくなります。
パイプクリーナーには、排水パイプに流れ込んでしまった野菜クズなどを化学反応で溶かす効果がありますので、流し込んで1~3時間程度(放置時間や使用量は、製品の説明書に従ってください。)放置した後、水を流すと、それほどひどい詰まりではない、固形物は流していないというような状況であれば、詰まりが解消します。
ただし、この方法は、詰まってしまう前に予防として行う場合には非常に効果的ですが、詰まってしまってから行った場合には、完全に詰まりを解消することができない場合があります。

キッチンシンクの詰まり解消(2)

・真空式パイプクリーナー、ラバーカップ、雑巾
真空式パイプクリーナーもラバーカップも吸引して汚れを取り出す道具で、トイレのつまりに使われるものですが、キッチンシンクの詰まり解消にも役立ちます。
真空式パイプクリーナーは、ポンプの働きを利用して吸引するのでラバーカップより強い吸引力があります。
ラバーカップには和式トイレ用、洋式トイレ用がありますが、キッチンシンクのつまりにはまだトイレで使用していない和式トイレ用のラバーカップが向いています。
どちらも排水口のカバーとトラップの部品を取り外してから、詰まった汚れを吸引します。
その他には、雑巾を排水口に押し込み、キッチンシンクの中に水を貯めてから、一気に引き抜くという方法もあります。

キッチンシンクの詰まり解消(3)

・掃除専用ワイヤー
掃除専用のワイヤーブラシを使って配水管の中の汚れを取り除くという方法もあり、家庭用の掃除専用ワイヤーも市販されていますが、この方法は手探りで作業をすることになるので配水管を傷つけるおそれがあります。
吸引をしても解決しなかった場合は、ワイヤーを使うより専門の業者に依頼する方が安全です。

キッチンシンクが詰まってしまった場合には、パイプクリーナーで汚れを溶かす方法、真空式パイプクリーナー、ラバーカップなどの道具を使って汚れを吸引する方法、ワイヤーブラシで汚れを取り除く方法がありますが、パイプクリーナーで汚れを溶かす方法は予防として行うことに効果を発揮し、ワイヤーブラシを使う方法は配水管を傷つける恐れがあります。吸引をして解決しなかった場合は、専門の業者に修理を依頼しましょう。

 

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る