洗面所の豆知識!洗面台の寿命って!?

洗面所の豆知識!洗面台の寿命って!?

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

洗面所の豆知識!洗面台の寿命って!?

adobestock_76959968

毎日何度も使う洗面台ですが、実は寿命というものがあります。
素材や施工した業者にもよるのですが、水回りというのは他の箇所に比べて劣化が早いと言われています。
では、一体平均的にどのくらいで寿命が尽きてしまうものなのでしょうか。






 

洗面ボウルの寿命は20年前後

 

洗面ボウルは陶器で出来ている場合が多いので、耐久年数は長いと考えて良いでしょう。しかし、使い方によっては5年ほどでヒビなどが入ってしまう場合もあることを覚えておくと良いかもしれません。大切に使っていれば、平均的に20年くらいで寿命が来ることになるでしょう。




 

複雑な構造の洗面台ほど寿命が短い

 

洗髪用のシャワーヘッドがついていたり、温度を微調整出来る機能がついていたりと、複雑な構造を持つ洗面台は寿命が短いと言って良いでしょう。従来の単純な構造の携帯電話よりも、スマートフォンの方が寿命が短いのと同じ原理です。




 

パッキンには注意を!

 

洗面台の寿命を考える際、見えないところにも気を使わなければいけません。例えばゴムで出来たパッキン部分ですが、水アカや髪の毛の詰まりなどの影響で、意外と劣化が早い場所でもあるのです。リフォーム時期を見誤らないためにも、定期的にチェックしましょう。




 

家族が多いほど劣化は早い

 

当たり前のことなのですが、使用頻度が高いほど劣化は早いと言って良いでしょう。ですので、家族の人数が多ければ多いほど破損する機会も増えますし、水によって全体の劣化が早くなってしまいます。平均よりも3~4年ほど早めのリフォームが必要です。




 

掃除をこまめにすれば寿命が長くなる

 

洗面台の劣化は、主に水による腐食ですので、こまめに水をふき取るなどの掃除をしていれば、寿命が長くなります。ですので、出来る限り長く使いたいと思っている場合には、こまめに掃除をすることをおすすめします。




 

家族の在り方が変わる時期が寿命と考える

 

家族の在り方が変わる時期というのは、大体10年周期でやってくると言われています。それを機に洗面台をリフォームすると良いでしょう。大切に使っていれば20年ほど持つ洗面台ですが、10年ごとに取り替えることによって、清潔さを保つことが出来ます。




 

部品があるうちに修理をする

 

洗面台の流行も、時間と共に変化していきます。ですので、部品を取り換えたいと思って業者に連絡しても、既に生産中止になっているという場合もあります。大体8年くらいで部品の入れ替えが行われることが多いので、リフォームが必要な場合は早めに行動した方が良いと言えます。




 

1年に1度細かくチェックする

 

洗面所が使える状態なのかを調べるためには、1年に1度だけで良いので、細かくチェックすると良いでしょう。そうすることによって、寿命が来ているかどうかを調べることが出来ますし、早めの対処をすることも可能になります。




 

漏水があると危険

 

洗面台の一般的な寿命は、何もトラブルがないということを想定していますので、トラブルがあった場合は、それよりも短くなります。例えば、漏水がするような洗面台は腐食が進みやすいので、寿命が非常に短くなってしまいます。




洗面所トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る