洗濯パンが割れている場合は!?

洗濯パンが割れている場合は!?

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

洗濯パンが割れている場合は!?

adobestock_81149544

洗濯パンとは、防水パンとも呼ばれ、洗濯機を乗せる排水口の付いた受け皿のことをいいます。洗濯機からの水漏れを受け止め、床が傷むのを防ぐ役割があります。ではこの洗濯パンが割れているのを発見したら、一体どうすればいいのでしょうか。






 

洗濯パンの主な役割

 

洗濯パンは洗濯機の漏水から床を守るためのものです。最近は洗濯機の性能が上がり、昔ほど漏水を起こすこともなくなったため、設置していない家庭も多くなってきました。しかし集合住宅の場合は下の階に万が一にでも漏水があってはいけませんし、一般住宅でも設置にはいろいろなメリットがあります。




 

洗濯パンを設置することのメリット

 

洗濯パンは洗濯機に付着する結露を受け止め、床を腐食から守るというメリットがあります。また、最近主流になっている四隅が高くなり底上げしているタイプの場合、洗濯機の下や排水溝内部を掃除しやすいというメリットもあります。




 

割れても慌てる必要はない

 

実は洗濯パンが割れていても、すぐに水漏れが起こるわけではありません。あくまで洗濯機からの水漏れを受け止める板なので、洗濯機から頻繁に水漏れしている、といったことでもない限り、実はそこまで焦る必要はないのです。




 

排水部分が割れていたら注意

 

ただ心配なのは、排水口につながっている部分が割れている場合です。ここが割れていると排水が逆流して水漏れの心配があるので、すぐ対処した方がいいでしょう。他の部分が割れているときも、いざ洗濯機から水漏れがあった時に困るので、放置するのは避けましょう。




 

自分でできる対処法とは?

 

洗濯パンが割れていることに気付いたら、思い切って自分で取り換えるのも手です。パンを交換するときトラップも一度外すことになりますが、いろいろと細かい部品が多いので、どういう順番ではまっていたかしっかり覚えておく必要があります。




 

よくある失敗やリスクとは

 

洗濯パンを交換するとき気を付けなければいけないのが、サイズです。最近のものだと大丈夫ですが、古いものだと規格が変わっていている場合があります。場合によっては排水溝の位置がずれてしまうこともあるので、十分寸法を測る必要があります。 交換するときはサイズをしっかりと確認するのも大切ですが、排水口の位置も確認しておくことが大切です。また、古い住宅では排水溝がシリコンなどで固定されている場合があり、自分で交換するのは難しいというパターンもあります。




 

失敗した時のリスク

 

ホースや排水ダクトの設置が不十分で、水漏れを起こしてしまうというケースも考えられます。自分で取り換える自信がないときは、業者に依頼して取り換えてもらうのも一つの方法です。適切な洗濯パンを選ぶところからやってくれます。




 

自分でできないときは業者に依頼

 

業社に交換を依頼すると、自分で交換するより当然高い費用がかかります。しかし洗濯機を自分で移動する必要がなく、トラップや排水ホースなどもしっかり設置してくれるので、自分で行う自信がない場合は利用するのがいいでしょう。




洗面所トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る