洗濯機の修理代金と買い替えにかかる費用

洗濯機の修理代金と買い替えにかかる費用

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

洗濯機の修理代金と買い替えにかかる費用

adobestock_108523571

洗濯機が故障した場合は、状況によっては修理して使える場合もあります。
場合によっては、非常に危険な状況もありますので、修理が出来るのか、買い替えが必要なのか、 下記を参考にして下さい。






 

給水蛇口のトラブルは実は非常に危険

 

給水蛇口のトラブルとひとくちにいっても様々ですが、実は非常に甚大な被害を及ぼすことがあります。マンションであれば水漏れで階下に甚大な被害を与えることもあります。他人への賠償はもちろん、給水蛇口の修理や新品取替えの費用も考えなくてはなりません。




 

給水蛇口のトラブルその1

 

トラブルの原因がいくつかありますが、もっとも多いのが「パッキンの劣化」でしょう。パッキンは経年劣化により固くなったり、ひび割れたりして、そこから水漏れが起こります。じわじわと漏れるケースがあり、気づかないこともあるので、注意が必要です。




 

給水蛇口のトラブルその2

 

次に多いのが、蛇口のレバーが「重たい」「戻らない」などのトラブルです。主な原因が蛇口の中の部品のひとつである「バルブ」の故障です。ひどい場合には、レバーがもどらなくなって水が出っぱなしということもあるので、少しでも異変を感じたら、早めに見てもらうことが重要です。




 

給水蛇口のトラブルその3

 

次に、意外に気づかないのが、「フィルターの詰まり」です。フィルターは、目に見えないごみなどを取り除く役割がありますが、長年使用していると、細かいごみが詰まり、水の出が悪くなったり、ひどい場合には水が出なくなることもあります。




 

トラブル発生時の緊急対応とは

 

水漏れがひどい、又は水が出っぱなしで止まらない、という場合の緊急時どうすればいいか?マンションであれば、「止水栓」を閉めましょう。止水栓は主に給水蛇口の下(キッチンであればシンクの下)などにもありますし、廊下のパイプスペースの中に大元の止水栓があります。




 

修理対応の方法その1「パッキン交換」

 

比較的トラブルの多い「パッキンの劣化」ですが、自分で修理できないのでしょうか?少し器用な方なら修理できます。ホームセンターなどに行けば、パッキンも売っていますし、工具もそろっています。全部そろえても2000円~3000円で修理できるのではないでしょうか。




 

修理対応の方法その2「蛇口の交換」

 

蛇口の交換は、パッキンの交換と比較して少し難しくなります。しかし、パッキンと同じくホームセンターで工具や蛇口も販売しており、交換の仕方についてもマニュアルが配布されているホームセンターもありますので、参考にしながら慎重にやると交換は可能です。費用は5000円~20000円くらいまで、様々です。




 

修理業者に依頼する

 

自分で修理や交換もできる給水蛇口のトラブルですが、あまり経験のない方なら不安になりますし、夜間で水漏れがひどい場合には翌日まで待てないと思います。そんな時には、水のトラブルに対応してもらえる業者さんに依頼しましょう。費用はパッキン交換だけなら5000円~8000円程度で修理してもらえます。




 

どんな業者さんに依頼すればいいの?

 

修理業者は非常に多く存在します。どんな業者さんに依頼したらいいのかわからない。マンションであれば管理会社に相談してみましょう。一戸建てであれば、比較的大きな会社へ依頼するのが無難でしょう。




 

修理か?新品取替えか?

 

修理で済ませるのか?新品に取り替えるのか?迷うところではありますが、ほとんどの場合、トラブルを解決するだけなら修理で対応できます。しかし、最近の給水蛇口は非常にデザインのいいものや、節水性能が高いものも販売されていますので、経年劣化しているなら思い切って新品交換するのも手かもしれません。

洗面所トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る