洗濯パンの値段と取り外し、取り付け

洗濯パンの値段と取り外し、取り付け

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

洗濯パンの値段と取り外し、取り付け

adobestock_107055841

洗濯機の下にある洗濯パンは、防水や防振の役割があります。この洗濯パンは、洗濯機の購入で大きさが合わなくなった場合や、劣化や破損などの場合は交換することが可能です。
では、取り外しや取り付けの仕方、その値段はどのくらいするのでしょうか。






 

洗濯パンの役割

 

そもそも、洗濯パンは必要なのか?という疑問もあるのではないでしょうか。洗濯パンの防水・防振の役割は、自分だけの問題ではありません。アパートやマンションの場合は、階下の住民に迷惑がかからないようにするためです。戸建ての場合も、床を湿気などの腐食から守るためにも、洗濯パンは設置した方が良いと言えます。




 

スタンダードな洗濯パンの価格

 

洗濯パンには種類がいくつかあります。お盆のようにふちがある物がスタンダードな形です。安い物で3600円前後で購入できます。高くてもほぼ10000円以内で購入可能です。比較的安価にて手に入りますが、このタイプは掃除をしづらいというのが難点です。




 

形にひと工夫の洗濯パンの価格

 

一方、最近は、四隅に段差があり中央に隙間ができている物が主流です。このタイプは、中央の隙間から手を入れて洗濯機の下を掃除できますし、風通しが良いのも利点です。価格は、3800円ほどから購入できます。10000円を超える物ですと、段差が大きいなど形状に違いが出てきます。




 

洗濯機のかさ上げもできる

 

段差がないタイプの洗濯パンを購入してから、やっぱり高さがほしかった、という場合は、かさ上げができるパーツも販売しています。四角いブロック状のもので、洗濯機の足の下に置けるよう4つセットになっています。価格は1300円からで、高くても2000円で手に入ります。




 

洗濯パンの取り外し

 

洗濯パンが用意できたら、いよいよ取り付けです。まずは、今ある洗濯パンの取り外しですが、本体自体は四隅をビスで留めてあるだけの物は、簡単に取り外せます。しかし、中には床に接着していることもあり、この場合は、はがした床の補修が必要です。


 

排水トラップの取り外し

 

洗濯パンと、もう一つ、排水トラップの取り外し作業もあります。排水トラップは、手持ちの物を使用する場合は、外す順番を忘れないようにして下さい。後ほど、取り付ける時に分からなくなってしまうと、作業がはかどりません。異臭がすることがあるので、事前に水を大量に流したり、ビニールで蓋をすると良いでしょう。




 

洗濯パンの取り付け

 

洗濯パンの取り付け自体は、外した時と同様、四隅をビスで留めれば良いのですが、排水の穴が以前と違う場合は、排水トラップを新しくすることになります。排水トラップは2000円前後で購入できます。また、穴を自分で開けるタイプの洗濯パンの場合は、穴の位置がずれると水漏れする恐れもあるので、慎重に行いましょう。




 

洗濯パン交換の注意点

 

洗濯パンの交換を検討するにあたっては、なるべく今使用しているメーカーと同じものや、近いサイズの物を選ぶことが望ましいです。排水口の位置や大きさが異なると、排水トラップの交換や排水管の改修といった大きな作業まで発生します。




 

専門業者に相談してみるのも手

 

DIYがブームになっていることもあり、できれば自分の手で作業をしたい人が増えています。しかし、水回りの作業は専門業者に任せた方が安心です。取り付け・取り外しのみであれば、安い業者で24000円から32000円程で作業してもらえます。見積りまでなら無料の業者が多いので、相談してみてはいかがでしょうか。

洗面所トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る