給水管からの水漏れが発生!?早急な対処方法とは

給水管からの水漏れが発生!?早急な対処方法とは

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

給水管からの水漏れが発生!?早急な対処方法とは

Screwing plumbing fittings, closeup

給水管から水漏れが・・・。給水管は、温度・湿度・汚れにより、経年劣化します。また、パッキンの劣化により、給水管の継ぎ目から水漏れを起こすことがあります。
もし、給水管から水漏れがあった場合、そのままにしていたら水浸しになりますし、水道が使えません。給水管から水漏れが発生した場合の早急な対処法とはなんでしょうか?

給水管が水漏れする原因

給水管は、温度・湿度・汚れにより経年劣化するものです。半永久的に持つものではありません。また、給水管の継ぎ目にはパッキンがありますが、こちらは樹脂で出来ています。その為、5年~10年ほどで劣化します。給水管が経年劣化すると、給水管に亀裂が走ったり、パッキンが痛んだところが、水圧に耐え切れず水漏れを起こします。

止水栓を閉める

給水管から水漏れが発生してそのままにしますと、どんどん水が漏れてきます。まずは、水を止めることが先決です。井戸水でしたらポンプの電源を落とす。水道水でしたら、水道水の使用量メーターを探してください。メーターカバーを開けると水道使用量のメーターがあります。文字盤を見ても地盤の上側に止水栓がありますので、こちらを閉めると全ての水が止まります。

パッキンを交換する

給水管の継ぎ目や、水道の蛇口付近から漏れている場合は、パッキンの劣化が原因です。この場合は、パッキンの交換をすれば、水漏れを直すことが出来ます。パッキン自体は、ホームセンターなどで数百円で購入可能です。しかし、必ず同じ大きさのパッキンを購入し交換してください。大きさが違うと水漏れの原因になります。また、ゲル状の液体パッキンもあります。こちらは、空気に触れると固まるようになっているのですが、飽きたいパッキンの場合は、応急処置として使用してください。

管自体から水漏れをしている

給水管の管自体に亀裂が走り、水漏れが起こっている場合、直すのは難しいです。液体パッキンを塗ったとしても水圧で液体パッキンが外れ、水漏れが起こります。この場合は、止水栓を止めてからすぐに、プロの専門業者に修理してもらいましょう。

給水管は、温度・湿度・汚れにより経年劣化します。給水管の水漏れが発生した場合は、地下水を使用している水道でしたら、ポンプを止めてください。水道水でしたら、水道使用メーターを探して、メーターの上流側に止水栓がありますので、止めてください。給水管の継ぎ目や蛇口からの水漏れですと、パッキンの交換で修理できます。同じ大きさのパッキンを交換してください。給水管の管自体から水漏れを起こしていた場合は、プロの専門業者に修理してもらうのが一番です。

その他トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る