給水管から大量の水漏れが!?

給水管から大量の水漏れが!?

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

給水管から大量の水漏れが!?

Rusty burst pipe squirting water at high pressure

給水管から大量の水漏れが起きた場合には、専門の水道業者にすぐ修理を依頼しなくてはなりませんが、水道業者が到着する間、水が溢れるままにしておくことはできません。
ご家庭でできることはしておきましょう。






 

水道業者が到着するまでにできること…止水栓を閉じる

 

水が溢れている給水管の止水栓を閉じましょう。 止水栓は、普段は水量の調整をする働きをしていますが、故障した時には水を止めることができます。 トイレの場合は、給水管と壁の接合部分の近くにありますので、マイナスドライバーを使って捻子を時計まわしに回して水を止めましょう。 硬くて回らない場合は、無理に回すと破損してしまう恐れがありますので、水道の元栓を閉じましょう。 水道の元栓は、戸建て住宅であれば敷地内の地面の中、マンションやアパートなどの集合住宅であれば、玄関の横のパイプシャフトの中にあります。 元栓にはハンドルが付いているので、ハンドルを右に回して閉じて水を止めます。




 

水道業者が到着するまでにできること…防水テープを使って応急処置

 

止水栓や元栓を閉じていると、その間水を出すことができません。 水道業者が到着するまでに時間がかかる場合には、止水栓や元栓をずっと閉じておくわけにはいきませんので、水道用の防水テープを使って応急処置をしておくこともできます。 水道用の防水テープはテープ同士がくっつきあう性質を持っているので、配管の修理に使われるものです。 止水管、又は水道の元栓を閉じて水を止めた後、水が出ていた箇所の水分をしっかりふき取り、ドライヤーなどで完全に乾かしてから、テープを引っ張りながら数回巻き付けます。 ただし、漏れ出している水が大量である場合は水圧で剥がれてしまうそれもありますので、水を使用しない時は止水栓や元栓を閉じておくことを忘れないようにしましょう。

 

給水管からの水漏れ修理には専門技術が必要です

 

給水管からの水漏れは、専門技術が必要とされる修理なので、家庭ではできません。 又、大量に水漏れしている場合は早急に対処しないと、住居そのものを傷めてしまうことになります。 水漏れを発見したら、すぐに専門の水道業者に修理を依頼しましょう。




 

給水管から大量の水漏れをしている場合の修理は、専門の水道業者でなくてはできませんが、到着までに時間がかかる場合は、その間、止水栓や水道の元栓を閉めて水を止めて置くようにし、どうしても水道を使う必要がある婆には、水漏れをしている箇所に水道用防水テープを巻きつけるなどの応急処置をします。

その他トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る