トイレタンク内から水漏れが発生!?修理方法とは

トイレタンク内から水漏れが発生!?修理方法とは

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

トイレタンク内から水漏れが発生!?修理方法とは

toilet bowl isolated on white background

トイレのタンクから水漏れが発生。トイレの床に水が溢れていた場合は、早急に拭き取らないとフローリングをいためる原因になります。そして、トイレの水漏れを修理しない限りトイレが使えません。
トイレのタンクから水漏れが発生した場合の修理法とはどのような方法なのでしょうか?

水漏れが起こる箇所を把握する

トイレタンク内の水漏れが起こる部分は、ポータルタップといわれるトイレタンク内に水を自動補給する装置のフロートの破損、固着、パッキン劣化により水が給水されっぱなしになることでおきます。通常であればオーバーフロー管から排出されるのですが、大量に給水されたり、オーバーフロー管が詰まっていたりすると、トイレ全体に水漏れを起こします。また、和式であればピストンバルブの劣化により水漏れを起こします。

まず、水を止める

トイレのタンク側面に給水管がつながっています。給水管に水道の元栓がありますので、元栓から止めてください。もし元栓の場所がわからない場合は、水道メーターの上流側についている止水栓を止めて、水が漏れるのを止めましょう。

洋式水洗トイレの場合

洋式水洗トイレの場合は、ポールタップについているプラスチックのフロート、もしくは、ゴムフロートを手で動かして動くかどうかを確認してください。フロートが動かない。動かしても水が止まらない場合は、ポールタップの交換が必要になります。洋式の水洗トイレには、オーバーフロー管という過剰に給水されたら排水する管が付いています。この管にも詰まりが無いか確認して、つまりがあったらワイヤーブラシなどで掃除をしてください。

和式水洗トイレの場合

和式水洗トイレの場合は、洋式と違いタンクはありません。水を流すレバーのピストンバルブが劣化し、給水管から水が漏れます。この場合は、まず、水道の元栓か、水道メーターの上流側についている止水栓を止めて水漏れを止めましょう。とめたらピストンバルブを交換してください。交換するときには、新しいパッキンに交換すると、より長持ちします。

トイレタンク内からの水漏れがあった場合は、トイレの水道の元栓を閉めるか、止水栓を止めて水漏れを防いでください。洋式水洗トイレの場合は、ポールタップの劣化、プラスチックフロート、ゴムフロートの固着や劣化が考えられます。フロートを動かしても水漏れが止まらないようでしたら、ポールタップを交換してください。また、オーバーフロー管が詰まっていないかチェックし、詰まっていた場合は、ワイヤーブラシなどで掃除をしてください。和式トイレの場合は、ピストンバルブの劣化が原因です。元栓止めて水漏れを止めたら、ピストンバルブを交換してください。交換する際は、パッキンの交換も同時に行うと効果的です。

トイレトラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る