便器とタンクから水漏れが発生!?修理方法とは

便器とタンクから水漏れが発生!?修理方法とは

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

便器とタンクから水漏れが発生!?修理方法とは

content

便器とタンクから水漏れ起こる原因と、対策はどうすればいいのでしょうか?
また、水漏れが起こってしまった場合は、どのように応急処置を行えばいいのでしょうか?

便器とタンクから水漏れが起こる原因

便器とタンクから水漏れが起こる原因の一つ目は、便器・タンクのひび割れによります。また、今の便器は結露しにくく出来ていますが、冷たくなりやすい冬季の便器で、締め切った空間にありますと、便器に結露が付くことがあります。寒冷地だと、結露した水が凍りひび割れの原因になります。

便器とタンクから水漏れを防ぐ方法

便器とタンクから水漏れを防ぐ方法は、一つは、便器を手荒に扱わないことです。硬いものとがったものなどをトイレに当てるとひびが入ることがあります。また、結露が起こった場合は、面倒ではありますが、毎回拭き取るようにしましょう。寒冷地で気温が急激に下がる場合は、トイレのタンク内の水を抜いておくことで、タンク内の水が凍結して破損するのを防ぎます。

便器とタンクから水漏れをしてしまった場合の応急処置

便器とタンクから水漏れが発生した場合は、応急処置として、ひびが入っているところ、水漏れが発生しているところを突き止めましょう。水漏れがわかりにくい場合は、トイレットペーパーを当てるとわかりやすいです。水漏れ場所がわかったら、パテで水漏れ箇所をふさぎましょう。そうすれば、水漏れが止まります。パテで修理した場合は、あくまで応急処置ですので、早めに便器やタンクを交換しましょう。

便器やタンクから水漏れが起こる原因は、便器やタンクのひび割れによって起こります。また、寒冷地ですと、結露した水が凍り、便器やタンクのひび割れを起こします。便器やタンクからの水漏れを防ぐ方法としては、便器やタンクを手荒に扱わないこと。硬いものやとがったものを当てたりしないようにしましょう。また、結露が起こった場合は、毎回拭き取るなどの措置をしてください。もし、便器やタンクから水漏れが発生した場合は、トイレットペーパーを使い、ひび割れ箇所を探しましょう。ひび割れた箇所を見つけましたら、パテで埋めて応急処置を行ってください。しかし、あくまで応急処置ですので、早めの交換を行ってください。

トイレトラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る