止水栓の開閉方法

止水栓の開閉方法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

止水栓の開閉方法

止水栓の開閉方法トイレのトラブルが発生した場合はまず止水栓を閉めるのが基本。
水を止めてから修理をします。そうしないとタンクから水が溢れたり、給水管から水がもれたりします。トイレタンクの止水栓はタンクへの
給水管についていて、これをマイナスドライバーで右にしっかり回すと締まります。ハンドル式の場合は手で回すことが可能です。

逆に開くときは左に回しますが、問題はどれだけ開くかです。
開けすぎると、水圧が高くなり給水が止まらなくなって、タンクから水があふれる場合も。また、ボールタップが故障した場合オーバーフロー管から流れ出る水量より給水される水が多くなり、あふれるケースも。
逆に開き方が少ないと、タンクに水がたまるのに時間がかかったり、手洗い器への水の量が少なくなるという事も。

もしトイレの止水栓が見つからないときは、家全体の止水栓を閉めましょう。
家全体の止水栓は水道メーター近くにある場合が多く、集合住宅の場合は玄関横のメーターボックスのなか、一戸建てなら宅地内の地面を探してみて下さい。
どちらも右に回すと閉まり、左に回すと開きます。

 

トイレトラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る