止水栓からの水漏れ修理方法

止水栓からの水漏れ修理方法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

止水栓からの水漏れ修理方法

water supply meter

止水栓からの水漏れが発生した場合には、ご家庭で対処しようとすると、
水が止まらなくなる恐れがありますので、専門の業者に修理を依頼することをおすすめしますが、

業者が到着するまでの対処法について説明します。

止水栓の経年劣化による水漏れの修理方法

便器やタンクから水漏れが発生してしまった時に、水を止める役目をする止水栓から水が漏れている場合には、水道の元栓を閉める必要があります。
水道の元栓は、戸建ての住宅であれば、自宅の敷地内にある水道メーター近くの地面に、アパートやマンションであれば、玄関の横にあるパイプシャフトの中にあります。
水道の元栓にはハンドルが付いているので、時計回りに回すと、閉めることができます。
水道の元栓を閉めたら、水漏れしている止水栓をマイナスドライバーで時計回りに閉めます。

止水栓が経年劣化によって硬くなっていて動かなかった場合は、無理に回すと破損してしまう恐れがありますので、そのまま修理の専門業者の到着を待ちましょう。
止水栓が占められた場合は、ウォーターポンプフライヤーやモンキーレンチを使って止水栓のナットを取り外し、ネジの部分に時計回りに5~6周シールテープを巻いてから、ナットを取り付けます。
大量に水漏れしている場合には、水道用ラップテープで止水栓の水漏れ部分に巻いておく方法もあります。

止水栓の経年劣化したパッキンを交換する方法

止水栓のパッキンが劣化して硬くなった為に水漏れをしている場合、パッキンの交換をします。
作業の途中で水が漏れてしまう恐れがありますので、給水栓の下にバケツを置いておきます。
マイナスドライバーで止水栓を閉じてから給水管と止水栓の接続部を外し、止水栓側のナットを緩めて古いパッキンを取り外し、新しいパッキンと交換します。
給水管には、アングル給水管とフレキ給水管があり、適合するパッキンの種類が違いますので、給水管の合わせたパッキンを使用する必要があります。

止水栓からの水漏れは、たいていの場合パッキンが劣化して硬くなったために、ネジが密着せず水が漏れてしまうことが原因ですが、ご家庭でパッキンの交換をした場合、より大量の水漏れを起こしてしまう恐れもあります。止水栓からの水漏れが発生した場合には、敷地内にある住宅全体の水道の元栓を閉め、専門の業者に依頼して修理してもらいましょう。

 

トイレトラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る