トイレタンクに水が溜まらなくなったら

トイレタンクに水が溜まらなくなったら

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

トイレタンクに水が溜まらなくなったら

class="size-medium

トイレタンクに水が溜まらなくなったら、原因に合わせて対処する必要があるので、まず水が溜まらなくなった原因を究明しましょう。
トイレタンクに水が溜まらなくなると、トイレの機能を果たさなくなってしまうので、原因に合わせて適切に迅速に対処することが大切です。
まず初めに、止水栓や住居の水道の元栓が閉まっていないことを確認しましょう。
住居の水道の元栓を閉めたまま忘れることはまずありませんが、止水栓は家族の誰かが閉めたまま忘れていることもあるかもしれないので、一応確認してみてください。

ストレーナーの目詰まり

タンクに水が溜まらなくなった原因の一つに、ストレーナーの目詰まりがあります。
ストレーナーは、給水管と止水栓の接続部や、タンクと給水管の接続部につけられている網目状の部品で、水道水の中のごみやほこりを通さないようにするフィルターですが、このフィルターが汚れて目詰まりしていると、十分な給水ができず、タンクに水が溜まらなくなってしまいます。
ストレーナーを取り外して、歯ブラシなどで掃除をしてきれいにしてから再度取り付けてみましょう。

ゴムフロートの働きと交換方法

タンクに水が溜まらなくなった原因には、タンク内にあるゴムフロートが正しい位置からずれているというものもあります。
ゴムフロートは、タンク内の水量が高くなれば上がり、少なくなれば下がって水の量を調整する働きをしていますが、他の部品やタンクの壁にぶつかって動かなくなっていたり、フロート弁が外れていたりすると、タンクに給水されなくなってしまうことがあります。
このような場合には、ゴムフロートを正し位置に戻す必要があります。
また、ゴムフロートが劣化して破損してしまった婆には、新しいゴムフロートと交換しなくてはなりません。
始めに止水栓を閉めてから、タンク内部の水を空にした上で、ゴムフロートを交換し、鎖の長さを調整します。
ゴムフロートは、メーカーによって交換方法が違いますので、ご使用のタンクのメーカーのゴムフロートの」交換方法を確認することをおすすめします。

水道の元栓や止水栓が閉じていないにもかかわらず、タンクに水が溜まらない場合には、ストレーナーの目詰まりやゴムフロートの劣化、ゴムフロートに位置がずれているなどの原因が考えられます。タンク内を点検して、原因に応じた対処をしましょう。ゴムフロートを交換する場合は、お使いのメーカーの交換方法に従って交換しましょう。

 

トイレトラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る