手洗い器周りの問題

手洗い器周りの問題

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

手洗い器周りの問題

手洗い器周りの問題手洗い器から水がはねたりしたら、まずは止水栓を止めましょう。
逆に水量が少ない場合は、止水栓を開けます。ただ、止水栓を開けても
水量が上がらない場合は他の原因が考えられます。
たとえば、サビで詰まりかけている場合や手洗い管が汚れてれいる場合など。
一時的に止水栓を多めに開けて、詰まりを解消しましょう。
それでもダメなら、以下のチェックポイントをみて、解消しましょう。

1.ホースを調べましょう。
止水栓を開けても水量があまり増えない場合は、ボールタップと手洗い管をつないでいるホースをチェックする必要があります。ホースは半透明のホースと黒いゴムホースの2種類がありますが、どちらも外れているだけならしっかり付け直すだけで完了します。また、穴が空いている場合は、新しいホースに交換する必要があります。その際は同じホースをお店に持って行くと確実です。

2.フィルターを掃除しましょう。
ボールタップの中にゴミなどがあると故障の原因になります。タンクの種類にによっては、給水管の接続部分やボールタップの中にゴミやホコリをキャッチするためのフィルターが設置されているものがあります。これが詰まっていると水量が少なくなりますので、フィルターを取り出して綺麗に取り除けば直ります。
ただ、取り外し方はメーカーなどに異なるので、注意が必要です。

 

トイレトラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る