ウォシュレットからの水漏れ修理方法

ウォシュレットからの水漏れ修理方法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

ウォシュレットからの水漏れ修理方法

Dollarphotoclub_88680381

ウォシュレットからの水漏れがある場合には、部品代などが嵩むため、故障の程度にもよりますが
新しいウォシュレットに交換する方が修理するより効率が良い場合があります。

ご家庭で修理できる故障、専門の業者に依頼する必要のある故障、
交換した方が良い故障について説明します。

ご家庭で修理できる故障…パッキンの劣化やボルトのゆるみによる水漏れ

お湯を貯めておく温水タンクから水漏れをしている場合には、タンクの上部にある蓋のパッキンが機能しなくなっている可能性があります。

このような場合には、ご家庭でパッキンの交換やボルトのゆるみを直すことで、水漏れを解消できることがあります。

止水栓を閉じ、ウォシュレットの電源を切ってから、パッキンの交換、又はボルトの締め直しをしましょう。

専門の業者に依頼する必要のある故障…修理の難易度が高いウォシュレットの水漏れ

ウォシュレットからの水漏れがある場合には、タンクの修理とは違い、非常に複雑です。

操作パネルに不具合が起きている場合には、ご家庭で修理することはきません。

分解し始めてから手に負えなくなり途中から業者に修理を依頼すると、かえって修理代が嵩んでしまうこともありますし、修理しようとして感電してしまったというケースもありますので、注意しましょう。

ウォシュレット本体を交換した方が良い場合

使用しているウォシュレットの機種が古く、メーカーのサポート期間が終了していると、交換の為の部品が入手できない恐れがあります。

ウォシュレットはタンクや便器と違い、電気製品なので、タンクや便器よりも寿命は短く、おおよそ7年程度が耐久年数とされています。

メーカーでは次々に新しい機種を開発していますので、古い部品を高価な値段で購入し、修理をすることにより、新しいウォシュレットと交換することの方が費用をかけないで済む場合もありますので、故障の度合いがひどい、機種が古いというような場合には、修理以外に交換という選択方法も検討してみる価値があります。

ウォシュレットから水漏れをしている場合、パッキンの劣化やボルトのゆるみであれば、ご家庭で修理することもできますが、それ以外の故障である場合には、ウォシュレットは電気製品である為、タンクのような単純でわかりやすい構造にはなっていませんので、専門の業者に修理を依頼しましょう。

 

トイレトラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る