雨漏り修理

雨漏り修理

SITEMAP

HOME

雨漏り修理

ページの現在地

トップ雨漏り修理

水まわりトラブル: 雨漏り修理

雨漏りの原因

雨漏りは、瓦のズレや屋根材の破損、壁のひび割れのほか、換気口・サッシの立て付け部分などからの雨水浸入など、さまざまな原因で起こります。
雨漏りと言えば真っ先に屋根に不具合があると考えがちですが、たとえば、風呂場の壁にひびが入り、廊下や隣接した部屋に水が漏れる場合など、被害の様子や水の浸入経路はさまざまです。
そのため、雨漏り修理は、他の水トラブルとは異なり、建築や防水塗装などの専門知識が必要になります。とりわけ複雑な雨漏りの場合は、素人では原因の特定や被害の状況が判断できないことも珍しくありません。雨漏りを放置することで、柱が腐るなど家全体に深刻な被害が出る場合もあるため、雨漏りや壁の染み、壁紙のはがれ、窓からの雨水浸入などが認められる場合は、早めに工務店や雨漏り修理専門の業者に連絡する等、何らかの対策をとりましょう。

雨漏りの主な原因

  • 瓦や屋根材のズレ・破損
  • 壁のひび割れ
  • サッシの立て付け部分の不具合
  • 雨どいのゴミつまり
  • 換気口からの雨水浸入

雨漏り修理を依頼すべき業者とは?

雨漏り修理を依頼する際は、必ず雨漏り修理に対応している業者に依頼しましょう。代表的な雨漏り修理は、屋根の葺き替え工事やウレタン樹脂などによる塗膜防水です。これらの工事は、水道業者でも対応できる業者とそうでない業者がいるため、電話やメールでの問合せ時に雨漏り修理が可能かどうかや、無料で見積もりをしてもらえるか等を確認すると良いでしょう。

代表的な雨漏り修理
屋根の葺き替え工事 台風や大雨などで屋根の破損がひどい場合に屋根材を剥がして新たに葺き替える
塗膜防水工事 屋上やベランダなどの床面から浸水している場合に、おもにウレタン樹脂などの塗料を用いて防水処置を施す
シーリング工事 壁面と壁面のつなぎ目部分を覆うシーリング材(コーキング材)の劣化による雨漏りの修理で行われる。シーリングを打ち替え、または増し打ちしする
壁面防水工事 外壁の劣化にともなう雨漏り修理で行われる。おもに弾性シリコン樹脂などの防水塗装を用いて防水処置を施す

家庭でできる雨漏り修理の応急処置

急な雨漏りに見舞われ、業者の到着にも時間がかかりそうな場合は、家庭で出来る雨漏りの応急処置を覚えておくと便利です。

1.ブルーシートで覆う
雨漏りの応急処置でもっとも効果が高いのは、ブルーシートのような大型のビニールシートで屋根全体を覆ってしまう方法です。ブルーシートは500~1,000円程度でホームセンターなどで手に入れることができます。ブルーシートにはひもを通す穴があらかじめ開いているものも多いため、雨どいや庭木などにくくりつけて固定させると良いでしょう。
2.防水テープでふさぐ
雨漏りの箇所が比較的小さい場合は、防水テープで雨漏り箇所をふさいでおくのも効果があります。また、市販のコーキング材も部分的な雨漏りの応急処置として役立つでしょう。ただし、雨漏りの箇所が多い場合は、広範囲を一度にカバーできるビニールシートがおすすめです。
3.屋根裏の雨漏り対策
屋根からの雨漏りの場合は、屋根裏にもビニールシートを敷くと、浸入した雨が室内に入り込むことを防げます。柱やハリがむき出しになっていることが多い屋根裏は、水が伝わりやすく腐食も早いため、他の雨漏りの応急処置と合わせてチェックする良いでしょう。

これらの雨漏り応急処置は、屋根や屋根裏など高い部分での作業が中心です。作業時は転落などに充分注意し、雨や風の強い時は作業しないなどの工夫をしましょう。
応急処置を施したあとは、一刻も早く業者に連絡し、本格的な雨漏り修理をしてもらう必要があります。

雨漏り修理 参考リンク

  • 水道業者ランキング…水道業者を利用者の口コミでランキング。水道救急車・クラシアンなど水トラブルに対応の水道工事の評判は?
  • 緊急対応できる水道業者一覧…全国の主要な水道業者の一覧表。対応エリアや、実施している水道工事の種類、料金表、緊急連絡先やおすすめのポイントなどを紹介

 

雨漏り修理

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る