キッチンシンクの黒カビには、3パターンの掃除とアルコール消毒でアタック

水まわり相談.com

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

キッチンシンクの黒カビには、3パターンの掃除とアルコール消毒でアタック

キッチンシンク 黒カビ

毎日のお料理や洗い物で汚れているキッチンシンクにある排水溝の細菌は、トイレよりばい菌がたくさんいるってご存知でしたか?毎日キレイにしているはずなのに、排水溝の辺りにヌメリが残っていたり、黒い部分があったりしませんか?それ、すべてカビです。

カビができてしまうのは原因がありますが、その原因を知り対策を立てておけば増殖は避けられます。今回は、キッチンシンクからカビを除去する方法をご紹介します。

カビが発生する条件

カビの種類は、約3万個以上と言われるほど年々新しいカビが発生しています。キッチンのシンクに発生するカビは主に黒カビです。繁殖力が強く、乾燥にも強いため浴室や壁などにもよく発生します。カビが発生する条件をお伝えします。

黒カビが好きな状態は以下が考えられます。

  • 湿度は80%以上
  • 温度は20~30度くらい
  • 汚れやホコリはカビを増殖する素
  • 酸素で活性化

カビが苦手なもの

カビが苦手なものは、乾燥した状態です。単純にキッチンのシンク、排水溝の掃除が終わったら乾燥させればカビは発生しません。しかし、毎日使用するキッチンですので毎回毎回乾燥するというのは難しい問題でしょう。

カビは、違う方法の掃除を苦手とするので、1日置きに掃除方法を変えてもいいでしょう。

カビを撃退する方法

以下3つの掃除方法を3日毎のパターンを作りましょう。

  1. 塩素系漂白剤
    おなじみの塩素系漂白剤、ハイターなどをキッチンシンクの排水溝に注ぎましょう。黒カビが目立つ部分には、使い古した歯ブラシなどで塗りこんで10分から20分ほど置きましょう。ハイターは悪臭を放ちますので、掃除する際は換気扇を回しながらやりましょう。
  2. 重曹を使ったもの
    重曹と少し温めたお酢を使ってお掃除をしましょう。黒カビが生えている部分には、まんべんなく重曹を振りかけてください。振りかけたあと重曹の半分程度のお酢をまんべんなくかけます。かけた場所から泡が立ちますので、汚れ具合によって5分から30分程度放置してください。泡が汚れを浮かしてくれます。
  3. 金属イオンで抗菌
    身近なものでアルミホイルや10円玉を用意しましょう。キッチンシンクの排水溝ゴミ受けにアルミホイルを丸めたものか10円玉を入れましょう。アルミは金属イオンの力でカビや雑菌を殺菌してくれます。

絶対にしてはいけないカビ撃退方法

キッチンシンクの黒カビをぞうきんで拭くのは控えましょう。濡れたぞうきんで黒カビを拭くと増殖してしまう可能性があります。乾いたぞうきんは、黒カビのない場所にまで増やしてしまうのでどちらもやめましょう。もし、ぞうきんを使うのであれば、消毒用アルコールを使用して掃除をしましょう。カビに殺虫剤をかけるのも控えましょう。入っている成分によってはカビに栄養を与えてしまうこともあり繁殖させてしまいます。

カビを作らせないように予防対策

料理を始める前に換気扇を回して空気の流れをよくしましょう。食事が終わりお皿洗いをした後も数時間は換気扇は回しておいた方がいいです。カビは塗れている状態だとカビが生えやすいので、しっかりと中性洗剤で洗いましょう。洗い終わったら乾燥させ、アルコール消毒をしておけば問題ありません。

カビがどうしても取れないという方は、水道業者に問い合わせてみるといいでしょう。

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る