水漏れと保険

水まわり相談.com

SITEMAP

HOME

水漏れと保険

ページの現在地

トップ水漏れと保険

知って得する水道工事: 水漏れと保険

水漏れと保険

水漏れ(漏水)などの水トラブルが発生した場合、修理のために水道工事やパーツ交換などの料金が発生します。
これらの費用負担を少しでも軽くするために知っておきたいのが、火災保険や個人賠償責任保険などの各種保険。どちらの保険も、火災や事故など、一見、水漏れとは縁遠い保険のように感じられますが、実は水漏れに関する補償を備えています。
水漏れに対して保険が適用されれば、家財・建物等に生じた損害や修理にかかった費用などを負担してもらうことができます。いざというときに備えて、入っている保険の種類や保険が適用される事例などの知識を持っておきましょう。

おすすめの火災保険
セゾン『じぶんでえらべる火災保険』
セゾン『じぶんでえらべる火災保険』
セゾン『じぶんでえらべる火災保険』
セゾン自動車火災保険のカスタマイズ型火災保険。火災・風災・水災・水濡れなどの各補償の中から、自分の住宅に合った補償を選ぶことができるため、オールインワン型の火災保険よりも保険料を安く抑えることができる。地震保険を付帯する場合も、オールインワン型より有利

火災保険と水漏れ

火災保険には、火災のみを補償する保険と、台風や水害、住宅設備の故障など、家にまつわるあらゆるトラブルに対応した「住宅総合保険」があります。
このうち水トラブルにも対応しているのは住宅総合保険のほうで、「給排管設備の事故」および「他人の戸室で生じた事故による水濡れ」を対象としています。

意外に知られていない「給排水設備」の定義とは
給排水設備とは、住居に付随している水道管や排水管・給湯ボイラーなどを指します。たとえば、寒さで水道管が凍結し、水漏れが起きた場合や、排水管に物がつまって水漏れが起きた場合などは、保険会社が定める給排水設備の事故に該当するため保険適用の対象となります。
反対に、洗濯機や浴槽、食洗機などは給排水設備の一部とはみなされておらず、補償の対象からはずされます。つまり、洗濯機の排水ホースに穴が開いたり、ホースが排水口から抜けたりして水が漏れた場合や、お風呂の水をうっかり溢れさせてしまったことによる水漏れなどは、火災保険では補償されません。
マンションの水漏れは原因と住人の加入保険をしっかり把握
一方、「他人の戸室で生じた事故による水濡れ」は、おもにマンション・アパートなどの集合住宅で適用される補償です。上階の戸室での事故によって下階の戸室に水が漏れ、建物や家財が損傷した場合、被害を受けた下階の住人が火災保険に加入していれば保険金が支払われます。
水漏れの原因が上階の住人の不注意による場合は、上階の住人の「個人賠償責任保険」から保障がなされる場合もあります。「個人賠償責任保険」とは、損害保険の一種で、火災保険や自動車保険に特約としてついているか、「個人賠償責任保険」単体で加入しているケースがほとんどです。個人賠償責任保険から保険金が支払われる場合は、火災保険からの保険金は支払われません。
また、水漏れの原因がマンションの共有部分の給排水設備にある場合は、マンションが加入している火災保険から支払われることになります。この場合は、上階・下階いずれの住人の保険も使用せずにすみます。
このように、集合住宅の水漏れは、水漏れの原因や破損部分、それぞれの加入している保険によって補償元が異なるため、水道業者などのプロの意見も参考に、「どこから水漏れしたか」「なぜ水漏れしたか」をしっかり突き止めるようにしましょう
火災保険が対象としている給排水設備
  • 水道管・排水管(流し台、浴槽、洗濯機や付属の排水ホースなどは給排水設備に含まれない)
  • 貯水タンク
  • 給水タンク
  • スプリンクラー設備・装置
  • ガス湯沸かし器
  • セントラルヒーティング・温水器
  • 給湯ボイラー
  • 太陽熱温水器
  • トイレの水洗用の設備
  • 雨どい
  • 浄化槽
  • 常設のスノーダクト
おすすめの火災保険
セゾン『じぶんでえらべる火災保険』
セゾン『じぶんでえらべる火災保険』
セゾン『じぶんでえらべる火災保険』
セゾン自動車火災保険のカスタマイズ型火災保険。火災・風災・水災・水濡れなどの各補償の中から、自分の住宅に合った補償を選ぶことができるため、オールインワン型の火災保険よりも保険料を安く抑えることができる。地震保険を付帯する場合も、オールインワン型より有利

 

水漏れと保険

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る