カラン・シャワー切替え部分からの水漏れ・交換方法

カラン・シャワー切替え部分からの水漏れ・交換方法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

カラン・シャワー切替え部分からの水漏れ・交換方法

AdobeStock_30284911

浴室の混合水栓にはシャワーとカランを切り替える為のハンドルが付いていますが、この部分から水漏れをしてしまうことがあります。
メーカーや機種によって切り替えハンドルの位置は違いますが、この切り替えハンドルの中の部品を交換することで水漏れを解消することができます。




 

シャワーとカランの切り替え部分からの水漏れが起こる原因は切り替え弁ユニットの劣化です。

 

シャワーとカランの切り替えユニットが経年劣化したり、故障したりして水漏れが起きてしまった場合、切り替えユニットを新しい交換切り替えユニットに交換しましょう。 交換作業を始める前に水が溢れたりしないように、止水栓を閉じておきましょう。 混合水栓についている切り替えハンドルの位置は、前方の中央についている機種と、右側についている機種があります。 シングルバルブ、ツーバルブタイプの混合水栓で、前方の中央に切り替えハンドルがついている機種の場合は、切り替えハンドルのキャップを取り外した後、ドライバーを使ってネジを緩め、切り替えハンドル、カバーナットの順で取り外し切り替え弁を交換します。 切り替え弁はメーカーや機種によってサイズが違いますので、現在使っている混合水栓の機種に適合する切り替え弁と交換します。 サーモスタット混合水栓で、右横に切り替えハンドルが付いている場合は、切り替えハンドルのカバーを外し、ナット→内部の部品の順で取り外し、新しい部品と交換するのですが、内部にはたくさんの部品が組み込まれており、問題のある部品を特定することも難しいので、専門の業者に修理、交換を依頼しましょう。

 

カラン・シャワー切替え部分からの水漏れをしている場合、ホームセンターで部品を購入して家庭で修理、交換ができる場合と、専門の業者に修理、交換を依頼する必要がある場合があります。 シングルバルブ、ツーバルブタイプの混合水栓で、前方の中央に切り替えハンドルがついている機種などは、家庭で修理交換ができますのでメーカーのホームページを参考にして必要な部品を取りそろえ修理交換しましょう。 右横に切り替えハンドルが付いているサーモスタット混合水栓の場合は、専門の業者に修理を依頼しましょう。

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る