洗面器のお掃除方法

洗面器のお掃除方法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

洗面器のお掃除方法

AdobeStock_93239916

浴室で使う洗面器や椅子についた汚れには、湯垢や水垢がこびりついたザラザラした汚れと細菌や酵母、カビなどが増殖してできるヌメリがあります。
汚れの種類や汚れの程度に合わせてお掃除をしましょう。






 

石鹸カス、皮脂、水道水に含まれている金属成分が結合してできるザラザラ汚れのお掃除方法

 

石鹸や皮脂と水道水に含まれているカルシウムなどの金属成分が結合すると、ザラザラした汚れがこびりついて取れなくなってしまいますが、汚れがついてすぐであれば洗剤を使わなくてもスポンジでこするだけで簡単取り除くことができます。 その為、入浴後には毎回シャワーのお湯をかけ、スポンジや水垢取りダスターを使って汚れを洗い流しておく習慣をつけておくことが大切です。 ちょっとした汚れが付いてしまった場合には、スポンジに少量の浴室用中性洗剤をつけてこすり洗いする、又は水垢取りダスターにお湯をつけてこすり洗いするだけで簡単にきれいにすることができます。 ちょっとしたこすり洗いではとれそうにない茶色っぽいしつこい汚れが付いてしまった場合には、浴室用中性洗剤、又は水に溶いたクエン酸を不織布タイプのキッチンペーパーに浸して汚れている部分に張り付け、しばらく放置した後、スポンジでこすり洗いします。 特に汚れがひどい場合は、普通のスポンジではなく、水垢取りダスターでこすり洗いをし、全ての汚れが取り切れなかった場合は、再度水に溶いたクエン酸を不織布タイプのキッチンペーパーに浸すところから繰り返します。 メラミンンスポンジや金属製のタワシなどを使用すると、プラスチックの表面に傷がついてしまい、その傷に黒カビなどが発生してしまう恐れがありますので、プラスチックに使用しても傷がつかない柔らかいタイプのスポンジや水垢取りダスターを使ってくださいね。 汚れが取れたら、洗剤成分が残らないよう十分にすすぎ洗いをしましょう。




 

細菌や酵母、カビなどが増殖してできるヌメリ汚れのお掃除方法

 

洗面器や椅子の裏側などについたヌルリとした汚れは細菌や酵母、カビなどが増殖してできるヌメリ汚れです。 ヌメリはお湯や水で洗い流しながらスポンジでこするだけで落ちますが、汚れを取った後、除菌作用のある浴室用洗剤をスプレーした上で洗い流しておくと、ヌメリやカビの予防ができます。 ヌメリやカビの予防には、洗い流さないタイプの清潔キープ剤も便利です。




 

軽い汚れやヌメリ汚れはスポンジで水洗い、こびりついた汚れには浴室用中性洗剤、又は水で薄めたクエン酸を浸したキッチンペーパーをパックしてからこすり洗いするときれいにお掃除することができます。こすり洗いをする時には、プラスチックの表面を傷つけないよう、柔らかい素材のスポンジを使用しましょう。

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る