浴室・浴槽排水口が詰まった時の対処法

浴室・浴槽排水口が詰まった時の対処法

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

浴室・浴槽排水口が詰まった時の対処法

Silikonspritze und Glttwerkzeug

浴室や浴槽の排水口が詰まってしまい、水が流れなくなってしまった時には、詰まりの度合いに応じていくつかの対処法があります。
根本的には修理業者に依頼して修理してもらうこと必要ですが、応急処置としての対処方法の参考にしてください。

排水口を詰まらせる汚れの種類に合わせた対処法(1)

・アルカリ性の汚れ、酸性の汚れ

排水口に流してしまったものの種類に合わせて詰まりの対処法が異なります。
石鹸やシャンプーなどから出る石鹸カスなどのアルカリ性の汚れ、皮脂などの酸性の汚れ、ホコリなどが溜まってヘドロのようになり詰まってしまった場合には、始めにゆっくりと熱湯を流してみましょう。
数回繰り返すと詰まりが解消することがあります。
これで解消すれば薬品を使わなくても済みます。
熱湯で解消しなかった場合は、排水口に重曹をふりかけ、重曹の2分の1程度の酢を流しいれ、重曹が泡立ったら数分放置した後、お湯で洗い流し、残った汚れを歯ブラシなどでこすり洗いします。

排水口を詰まらせる汚れの種類に合わせた対処法(2)

・髪の毛

ヘアキャッチャーをセットし忘れたなどの理由で、髪の毛を流してしまった場合には、割りばしなどを使って、手が届く範囲の髪の毛をできるだけ取り除いておきましょう。
次にパイプクリーナーを流しいれてから熱湯を少しだけ流し、しばらく放置して髪の毛を溶かし、水で洗い流します。
髪の毛を流してしまったままにしておくと、すぐには詰まらなくても、配水管尾カーブした部分に髪の毛が溜まり、その上に石鹸カスや皮脂が蓄積していずれ詰まりの原因になってしまいますので、注意しましょう。

排水口を詰まらせる汚れの種類に合わせた対処法(3)

・固形物

ヘアピンやシャンプーボトルのキャップなどの固形物を流してしまった場合には、割りばしなどを使って取り除きますが、どうしても取れない場合は、専門の業者に修理を依頼しましょう。
プラスチック製パイプクリーナーや針金、トイレの詰まり用ラバーカップなどを使って搔き出したり、押し込んだりすると、配水管を傷めてしまう恐れや、汚水が逆流してくる恐れがあり、解決に繋がるとはいいがたいのでやめておきましょう。
手に負えないと思ったら、素人療法で事態を悪化させる前に専門家に依頼することが安全な方法です。

浴槽や浴室の排水口が詰まってしまった場合、熱湯や、重曹と酢、液体パイプクリーナーなどを流しいれて解決しなかった場合には、より深刻な事態になる前に専門家に相談しましょう。

 

お風呂トラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る