水洗レバーの故障!?水が流れない場合は

水洗レバーの故障!?水が流れない場合は

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

水洗レバーの故障!?水が流れない場合は

_

水栓レバーを動かしても水が出ない場合ほとんどは故障ではなく、タンク内の備品がずれているだけです。
水が出ない時は、タンクの中を確認してみましょう。

タンク内の水を確認する前に、止水栓を閉じましょう

タンク内を点検する前に、水が溢れるのを防ぐ為に止水栓を止めましょう。
止水栓は、タンクの脇についていますので、マイナスドライバーを使って時計回りに動かなくなるまで回すと閉じることができます。
止水栓を閉じたらタンクのふたを持ちあげます。
持ちあげるだけで取り外せるタイプのタンクのふたは、垂直に持ちあげましょう。
タンクのふたについている手洗い金具とボールタップがジャバラ管で接続されているタイプの場合は、蓋を起こして、接続部分のナットを左に回して外してから持ちあげます。
どちらのタイプであっても、タンクのふたは陶器製で重いので落とさないように注意して持ちあげてください。

タンク内の浮き玉の鎖、ボールタップ、フロート弁を確認しましょう

タンク内の浮き球が他の部品やタンクの壁に引っかかって動かなくなっていた場合には、正しい位置に戻しましょう。
浮き球を正しい位置に戻しても水が流れない場合は、タンク内の水を空にしてから、他の部品を確認します。
水栓レバーとフロートバルブを繋ぐ鎖が錆びたり、たるんだり、切れたりしていた場合は、浮き球の動きが正しくボールタップに伝わらない為、給水されなくなってしまい、水が流れませんので、鎖のたるみを直す、錆を取る、交換するなどして、鎖を機能できる状態に戻す必要があります。
鎖が正常な状態であるのにボールタップの動きが悪い場合は、水垢やタンク内のごみが溜まったことが原因なので、ボールタップをきれいにする必要があります。
また、タンクの底排水弁の上に取り付けられていて、タンク内の水を流したり止めたりするフロートバルブの弁が外れていたり、劣化して硬くなり、閉じたり開いたりしなくなっていた場合があります。
外れていた場合には、正しい位置にはめ込み、劣化していた場合には新しい部品と交換する必要があります。

トイレのタンクから水が流れなくなった場合、タンク内の部品がずれたり、外れたりしていることが原因である場合と、劣化して機能を果たさなくなっている場合があります。ずれたり外れたりしていた場合には、正しい位置に戻し、劣化していた場合には部品交換をする必要があるので、まず、止水栓を止め、タンク内の水を排出してからタンクの中を点検してみましょう。

 

トイレトラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る