トイレタンクの水がずっと流れたまま止まらない場合は

トイレタンクの水がずっと流れたまま止まらない場合は

SITEMAP

HOME

水まわり豆知識

トイレタンクの水がずっと流れたまま止まらない場合は

Professional plumber doing toilet reparation. Plumbing repair service.

トイレタンクの水がずっと流れたまま止まらない場合は、タンク内の部品がずれたり外れたりしている、子供がイタズラをして異物が入ってしまっているなどの理由で、タンク内の水位が上がってしまい、故障ではないのに水が流れたまま止まらなくなっている場合と、部品が故障している場合がありますので、まずタンク内の点検をし、部品の位置のずれや異物を発見した場合には、部品の位置を直したり、異物を取り除いたりし、部品の劣化による故障の場合には部品を交換しましょう。

タンク内の水位が水位線を越している場合

浮き球を持ちあげるだけで、水が止まることがあります。
浮き球を持ちあげるだけで水の流れが止まった場合は、タンク内の水の貯水量が多すぎる可能性があるので、タンク内の水の量を調整する必要があります。

止水栓の調整方法

タンクのふたを開け、浮き球を下に押し下げたまま、止水栓を少しずつ開いていき、水の量を調整します。
水位線はオーバーフロー管に表示されている-WL-の文字の位置です。
-WL-の文字が表示されていない場合は、オーバーフロー管の先端から、2~3センチ下がった位置を目安にしましょう。

浮き球を持ちあげても水の流れが止まらない場合

ボールタップの部品交換が必要です。
水位線はオーバーフロー管に表示されている-WL-の文字の位置です。
浮き球を持ちあげても水の流れが止まらない場合、タンク内の水を給水したり排出したりする働きをするバルブが劣化して、機能を果たさなくなっている可能性があります。
水道の元栓とタンク横にある止水栓を閉じてから、レバーを動かしてタンク内の水を排出します。
次にボールタップのバルブを緩めて取り外し、ボールタップの中にあるピストンバルブを新しいピストンバルブと交換します。
新しいピストンバルブをつけたボールタップをもとの位置に差し込み、始めに取り外したバルブをはめ込み、タンクの内側に取り付け、タンクの外側の給水管と接続します。

タンク内の水位に問題がない場合

排水弁やゴムフロートが外れている可能性があります。
タンク内の水位に問題がないにもかかわらず、水の流れが止まらない場合には、排水弁が外れている可能性があります。
タンクの底にあって、鎖と繋がっているゴムフロートが正しい位置にあるか確認し、外れている場合には正しい位置に戻しましょう。

トイレタンクの水がずっと流れたまま止まらない原因には、部品のずれでタンク内の水位が上がっていることと、部品が機能を果たさなくなっていることがあります。部品のずれの場合には、正しい位置に戻すことで水の流れを止めることができます。部品が劣化している場合には、新しい部品と交換する必要があります。

 

トイレトラブル

緊急対応できる水道業者一覧

▲ このページのトップへ戻る